1988年~2017年現在まで29年間。生涯現役を目指して日々の活動を記録中!

わからないものへの恐怖心

2月17日(水)

みなさんおはようございます。
今日もよく晴れていますね。

20160217.jpg

若干ですが、気温も少し暖かくなって、
最高気温13度、最低1度の予報です。

そして今日は何の日?
http://matome.naver.jp/odai/2136108546262996401

ツタンカーメン王のミイラを発見した日、
しかも関係者は謎の死を・・・(^^;;

なんだか、オカルトちっくですが、
こちらに解説が書いてありますよ!

よろしければ、こちらをどうぞ。
wiki pedia
解説ページ「外部リンク」

まあ~、なにはともあれ、
人の想像力は、ものすごいパワーがあるものです。

わたしがいつも気を付けているのは、
自分の直感や経験を信じながらも、

頭や気持ちが、恐怖で狂っていないか、
正常な状態で物事を判断できているかどうかです。

ここを、しっかり気付いて置かないと、
自分の正しい状態も分らなくなり、
どんどん悪い考えが、エスカレートしてしまいます。

特に人は、窮地に立たされると、
そこから脱すること優先して、
ただ、それだけを真っ先に考えてしまいます。

もちろんこれは、動物の本能ですし、
命の危険を感じるわけですから、
そうなるのも仕方ありません。

ただ、この現実的な世の中、
複雑化した社会の中では、

単純な自分本位の発想だけでは、
なかなかうまく行かないでしょう。

もっと、もっと、冷静になって、
思慮深く考えて行動するように、
注意してくださいね。

人の話を聞かず、自分の頭だけで考えて、
もしも、分ったつもりになったら、
まず、足元を救われますよ!

正しい答えは、自分では永遠に見けられない、
でも、すこしずつまわりから教わり、
人生の終盤で、正解に近づくものです。

自分では見えないもの、気づけないもの、
本当にたくさんあるものですよ!

ちなみに、これらのことを学ぶ映画としては、
「ショーシャンクの空に」が、お勧めですね。
wiki pedia リンク

ストーリはシンプル、刑務所から脱走する話です。
名作ですから、ご覧になった人もいるでしょう。

私が特に一番感動したのは、
「受刑者のレッド役を演じるモーガン・フリーマン」の、
仮釈放審査の面接シーンですね。

1回目は、NG、2回目は、OKで、
無事、仮釈放となりますが・・・

その面接での会話シーンを見て貰えれば、
今日の私のブログでの言わんとしていることが、
みなさんにも少し伝わると思います。

それではみなさん、
今日も一日、事故や怪我のないように、
がんばって下さい!