1988年~2017年現在まで29年間。生涯現役を目指して日々の活動を記録中!

華氏911

みなさんおはようございます。

引き続きマイケルムーア監督作品、
華氏911を見ましたよ~

911とは、あの悲惨なテロ事件、
貿易センタービルに飛行機が突っ込んだ日時です。

私も20年前にあのビルに登った経験があるので、
当時は、かなり痛切な思いでした。

映画の中では、
昔からのサウジアラビアとブッシュの関係や、
イラク油田をめぐっての利権などから、

911後のイラク爆撃の真相(裏の理由)に迫ると同時に、

イラク一般市民の生々しい負傷シーンや、
アメリカ兵死者の家族の悲憤を伝えています。

戦争による犠牲者は、
格差社会の弱い立場の人達であることを訴えています。

権力を握った人たちにとって、
マネーゲーム、戦争ゲームの感覚になっていることが、
社会の大きな歪みです。

その実験として、
マイケルムーアが道行く議員に対して、

「自分の息子を軍隊に入れるかどうか?」
と質問しますが、ほぼ、誰も耳を貸しません。

アメリカは、表と裏、光と影の差も激しく、
矛盾撞着に陥っていますね。