1988年~2017年現在まで29年間。生涯現役を目指して日々の活動を記録中!

春は乱れる

みなさんおはようございます。

千葉県の柏市で、連続襲撃事件がおきました。
ほんとうに怖い事件です。

犯人は、刃渡り30~40センチの刃物で、
笑いならが、刺していたようなので、
まったくもって、狂乱としかいいようがありません。

春先は、人の感情が大きく揺れて、精神状態も乱れます。
結果、このような事件が起こりやすくなるのでしょう。

脳の働きでいえば、感情をつかさどる部分と、
思考の部分は、物理的に近いところにあります。

つまり、感情が乱れれば、連鎖して思考も乱れ、
突発的な行動につながったり、
極端な考えをしてしまうのです。

これは、私も含めて、
誰にでも経験があると思います。

泣いているときや、起こっているとき、
また、緊張しているときは、冷静な判断はできません。

自分では、そのとき、真剣に考えているつもりでも、
翌日になったら、どうして自分は、
あんなこと考えていたのだろう?

時が過ぎてみると、
そう思い出すことも少なくありません。

そして、普段の一日の中でも同じこと。

夜になると悶々としてきて、
ぐっすりねたら、朝はスッキリなんてことも、(^^;;

でも、それでいいんです。

私も、その繰り返しで、47年間やってますよ~(^^)/

というこですから・・・

季節の変わり目、春先から初夏を迎える前までは、
どうしても、気持ちが不安定になります。

環境の変化は、誰もが心配になるもの、

もしも、まわりが騒がしいようであれば、
「まあ~春だから・・仕方ないか?」

その程度に、「かる~く」受け止めて起きましょう。(^^;;

荒立てて、ジタバタしてみても、
時がすぎれば、「あれ、なんだっけ?」ってことに。
まあ~それだけ人は、とても敏感な生き物なんです。