1988年~2017年現在まで29年間。生涯現役を目指して日々の活動を記録中!

正しい勤怠記録

みなさんおはようございます。

7月も最終週となりました。
今日も猛暑日ですよ!

最高気温35度の予報ですが、
アスファルトの照り返しなどがあると、

40度ぐらいの温度まで上がっている場所も、
ところどころあるようです。><;;

熱中症などには、十分気を付けてください。


そして、毎度のタイムカード、
経費精算、スキルシート更新も、
忘れないようにお願いしますね。

正しく記録するというのは、
自分と、現場の上長の認識も、
合ってなければなりません。

例えば、通常の就業時間に、
自分はしっかり働いているつもりでいても、

上司は仕事の効率があがっていないと、
感じることもあるかもしれません・・・

そして、その延長で残業など行えば、
当然、無駄な残業ということになり、
それを上長は安易に認められなくなってしまいます。

又、その場では、仕方ないとしても、
次からは、その個人やチームに対して、
なんらかの制約を設けたりするでしょう。

そうやって、上長という立場では、
仕事の成果物=時給×時間で計算し、
常に効率を意識しているものなのです。

ただ、私たちの場合、お客様先に常駐なので、
そのようなクレームが本人には直接行かず、
営業に連絡がくることになりますが、

ちょっとした細かい注意や指導など、
お客様も我慢してしまうこともあり、
営業にまで届かないかもしれません。

従って、まわりがお喋りしていたから、
自分も大丈夫だと思ってしまわないように、
注意してくださいね。

少なくとも、イースマイルグループの社員が、
プロジェクトに参加したら、開発効率が落ちた、
他の人のモラルが下がったなどなど。

まわりに迷惑を掛けないように・・・(^^;;
十分に気を付けてくださいね。