1988年~2017年現在まで29年間。生涯現役を目指して日々の活動を記録中!

Windows Defender

みなさんおはようございます。

早くも金曜日となり週末を迎えました。
最高気温10度、最低3度。

昨日とはうってかわって、
曇りで寒い日になりそうです。

引き続き、体調管理には気を付けましょう!

昨日は、SVNサーバーの調子が悪いということで、
急遽、夕方から調査することになりましたよ!

マスターUPが近くなると、
まあ~ほんと、不思議なもので、
不可解なバグやトラブルが出るものです。(^^;;

まずは、サーバーを軽く調べましたが、
とくに問題も見当たらず、

少なくても、私のPCからは、
毎回、正常に更新できています。


そこで、TortoiseSVNのエラー内容から、
ネットワークに原因がある可能性も考えられたので、
問題切り分けの手段のひとつとして、

エラーのでるPC端末一台から、
SVNサーバーに直接つなぎ、

複数のHUBやルーターを経由しない方法で試しましたが、
やはり、エラーの症状は、改善しません。

どうやら、エラーがでるPC端末の共通点は、
Windows Defender が常駐起動していて、

3月に入ってから、Defenderアプリが、
自動更新されているようでした。

このアプリの存在を、私も気にしていませんでしたが、
wikiで調べると、ご覧の通りです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_Defender

アンチマルウェアということで、
ネットワークの出入り口を、
フックしてデーターを監視するのが目的です。

要するに、税関、関所の役割を担っています。

おそらく、3月になって、
ウィスル定義ファイルが、UpDateされてからは、

いままで問題なかったSVN通信データーが、
不正と判断されるようになり、ブロックされているのでしょう。

・・・ということで、

早速、コンパネ管理のサービスからDefenderを停止。
PCを再起動し、チェックアウトを試したら無事に成功!!

しかも、通信スピードも、以前にくらべて、
倍ぐらい早くなっていますよ~

そりゃ~、関所のチェックがなくなれば、
スルーでデーターが送受信されますから、
当たり前といえば、当たり前ですが・・・(苦笑)

まとめると・・・

私たちは仕事でしかPCを使わないので、
使うソフトは最低限に抑えて大丈夫ですね。

ネットサーフィンしたり、
フリーのソフトをバンバン落とすことは、
業務上ありえませんからね・・・(^^;;