1988年~2017年現在まで29年間。生涯現役を目指して日々の活動を記録中!

パンダ発見の日

令和2年2020年3月11日(水曜日)

IMG_3860.JPG

みなさん、おはようございます。
朝6時30分ですが、かなり暖かく感じますね。

予報では、晴れのち曇り、
最高気温20度、最低12度です。

まずは、気になるコロナ感染者数ですね。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55811680Z10C20A2I00000/

昨日は、全国合計で45人増でした。
先日は28人でしたから、17人増で、
ちょっと増えてしまいましたね。><;;

関東では、埼玉5名、千葉1名、
東京3名、神奈川2名増で合計11名

大阪18名、京都1名、兵庫8名で、
27名増なので、関西の方が、
やや、感染拡大のスピードが速いです。

愛知が、やっと0名増で、一服ですね。
(^^;;

とにかく、もう1~2週間ほどじっと耐えて、
感染者が減っていく傾向になれば、
このまま、終息に向かうと思います。
もう少しだけ、我慢して行動して行きましょう!

それでは、ちぃ!
https://youtu.be/g6sbdQrK1Xo

記念日は、こちら!
https://matome.naver.jp/odai/2136294210128143101
パンダ発見の日、コラムの日です。

まずは、いつも感想ありがとうございます。
多くが新型コロナについてでしたね。

マスコミ報道が煽り過ぎとの声も、
同じく何人かいましたね。

それにしても、50才ぐらいになると、
とち狂った行動を起こす人も出てくるようで、
みなさんも、変なオトナがいたら気を付けてください。
(><;;

そして、この新型コロナをどう捉えれば、
良いのかと言えば・・・

性質としては、潜伏期間が長いこと、
感染力がやや高いこと、症状が出ない人もいること、
検査でも陽性反応が中々でないこと、致死率は高くない、
又、エイズとやや似ていて免疫不全になることぐらいですね。

なので、検査キットの開発とか、
ワクチンや治療方法が整うまでは、
とにかく感染者数を増やさない。

ポイントは、そこですね。

で、、、次に実際の全体論の数字の話となりますが、

医療機関にも、勿論、キャパがありますからね。
患者数が一気に増えると、それはそれで病院も医師も、
手が回らなくなります。><;;

つまり現実的にもみなさんが体験している、
電車遅延、交通渋滞、電波障害などなど、

つまり混雑すると、案外、社会のインフラって、
すぐにパンクするものなんですよね。(^^;;

というのもですね。

いくらネット社会になったからと言っても、
実際には人や物が動いて機能するものなんですね。

そして、SNSなどの情報伝達は超短時間ですが、
実際に人や物の移動には、かなりの時間を有するものです。

当然、INが情報で、OUTが人物となると、
まあ~、あっというまに、タスクが増えて、
処理落ちするわけです。(^^;;

トイレットペーパーのデマなんて、ものの見事に、
私たちの日常生活の機能を混乱させましたけどね。

そもそも、トイレットペーパーなんていう商品は、
割と大きくて、さらに単価も安いもの、

そんな商品だけを、大型トラックで運んでいたら、
そりゃあ~、コスト割れする訳なんです。

というか、通常トラックも、
他の商品を運ぶ必要がありますから、
トイレットペーパーだけ積んで移動するとか、
急にできる訳でもなくて、、、(^^;;

そうそう、この間も書類回収を、
専門の業者に頼みましたけど、

通常の段ボール1箱で1800円でした。
全部で10個ぐらい出して代金2万円ぐらいとなりましたけど、

それでも、作業を担当しているひとは、
時間を気にしていて、次の回収に間に合わないと、
焦っていたぐらいです。

おそらく、4トントラックで、一日10万円ぐらい?
最低でも売り上げを上げないと、
人件費やトラックの維持費を考えると、
利益にならないんでしょうね。(^^;;

それと比較すると、トイレットペーパーって、
12ロールで、定価が500円ぐらい?
大きさも、段ボール1箱と同じぐらい。

実際の小売りでの利益って、一個100円もあるのかな?
って考えていくと、トイレットペーパーなんて、
商品としての魅力も、売る側からしたら、
あまりメリットも無いわけです。

なので卸業者も、在庫があっても運びたがらない。
できれば、取りに来て欲しいぐらいなんですよね。
(^^;;

そういった社会インフラの性質をしっていれば、
そんなに慌てふためくことでもないんですよね。

これが、ネットとリアル社会の現状の性質です。

とにかく物流って、実際には力仕事だし、
働いているひとも、長時間労働です。

なので、SNS情報のスピードには、
まったくついて行けない。

えっと、かなり長文駄文になって、
ほんと申し訳ありません。(^^;;

で、、、まとめると、

新型コロナの感染力のスピードによる患者数の増加、
それを治療する医療の処理能力(バッファー)の関係だけですね。

感想でもありましたけど、治った人が何人いるのか?
まさに、大切な情報ですね。

つまるところ、、、、

罹った人が、1000人、治った人が、300人なら、
現在の治療中の人が、700人というこになり、

その700人を受け入れられる、
医療機関、医師の人数、治療法が分かれば、
処理としては、問題ないわけですね。

気になるのは、心配する必要があるのは、
まさに、そこだけです。

それでは、今日もフリートークで!!

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31