1988年~2017年現在まで29年間。生涯現役を目指して日々の活動を記録中!

健康と病気の境界線

1月27日(水)

みなさんおはようございます。
今日も、よく晴れていますね。
風もなく、寒さも和らぎました。

20160127.jpg

最高気温13度、最低0度と、
これなら外にいても、そんなに苦ではありませんね。

今年もスタートして、一か月になりますが、
みなさんは、新しいことや心境の変化などなど、
何か出来事はありましたか?

ちなみに私の場合は、昨年からの結膜炎からはじまり、
今年に入ってからは、風邪で既に12日間にもなり、
ここまで、あっというまでしたね〜

XPのブルースクリーンについては、
PCの電源を入れっぱなしにすることで、
どうやら解決してしまったようです。(苦笑)

PCも寒くて動作が不安定になるのでしょうか?
熱暴走はよくありますが、冷え性のPCは、
聞いたことありませんね。(大笑)
なにはともあれ、安定してホットしました。

・・・ということで、

2月まで、あとわずかですが、
引き続きがんばって行きますよ!

さあ〜、傷病から2名が復帰の予定となりましたが、
体を壊す人が出ると、いつも思い出すのが、
以前、アーク新横浜(岩田ビル時代)の、
部下の一人、新人H君のことです。

徹夜も多く、朝は机の下の段ボールから起き上がる日々、
持病の喘息をこじらせて、結果、1年間の入院となってしまいまいた。

彼は責任感も強く、やる気と根性は天下一品でしたが、
ブログラム技術は、所詮一年生です。

それでも、1本受託の仕事を任せてしまう、
スパルタ方式によるプログラマー促成栽培は、
当時のアークの常套手段でもありました。

心配や不安はあっても、誰も止めることはしません。
一人前になってほしい期待も強く、彼をサポートしながら、
なんとか、マスターUPまで、たどり着けるように、
ただ、それに向かって、ひたすら前に進むだけです。

でもそのあげく、彼は体を壊し、あとの尻拭いは、
社長以下、私、外注、その他で手分けをして、
納期に間に合わせることになりました。

ただ、これが特別なことではなく、
又、彼に限ったことでもありません。
前にも後にも、同じことが繰り返されます。

今は、ここまで極端ではないとしても、
新人の書いたソースが無駄になることは、
自分自身の新人時代も含めて、誰でもありますね。
その経験と繰り返しで成長することも真実です。

ただただ、問題なのは、それによって、
カラダや精神を壊してしまうことです。

まわりの誰かが、止めてあげることが重要となります。
・・・ということで、イースマイルグループでは、
健康管理、勤怠管理は、永遠のテーマです。

遅刻や病気しがちの人を、無理して働かせることは禁止。
早めに治療に専念してもらい、元気になってから、
又、復帰することがベストです。

それでは、今日も一日、
事故やケガのないよう、がんばってください。