1988年~2017年現在まで29年間。生涯現役を目指して日々の活動を記録中!

抑止力

みなさんおはようございます。

連休4日目、今日も良く晴れています。
最高気温28度、最低19度となり、
引き続き、行楽日和です。

さて、集団的自衛権の4回目ですが、
今日は、現状の世界状況、パワーバランスを、
ちょっと、確認してみますね。

つまり、世界全体の抑止力です。

自由勝手にやって、なんの罰則もなければ、
さらに、エスカレートしますから、
ポイントは、この力ですね。

まずは、アメリカですが、
オバマ政権になってからは、
武力行使には、弱腰です。

平和的解決を求めることは、
勿論、私も願いますが、

その結果、イスラム国などのテロ組織の温床となり、
勢力を拡大させてしまいました。

又、ロシア、中国なども、隙があれば進出してきます。
クリミア半島や、尖閣などなど・・・・・・

イスラム国の捕虜となった一般人の残虐な殺害や、
ウクライナの上空で民間航空機が誤爆されるという、
超悲惨な事件まで、連続して起きています。

ようするに、一部では抑止力が効かない、
好き勝手にできてしまうこともある。

これってやっぱり、かなり深刻な問題でしょう。

・・・あああ・・・

ここで肝心なのは、日本だけに限定しないように、
日本は、かなり安全な国です。

だからと言って、自分たちが良ければ、
他国がどうでもよいという考えならば、
この議論の意味もありません。(^^;;

日本が集団的自衛権を持つことは、
実質的には、マイナスイメージですし、

世界一平和の国なんですから、
他国の戦争に首を突っ込むなんて、
リスクしかありませんからね。

又、日米安保や個別的自衛権があるので、
そう簡単に攻めらることもありません。

・・・でも・・・

日本は世界のリーダーシップとして、
毎度、お金だけ出していれば、それでいいのか?!

国際社会の平和の追及において、
日本としての関わり方、将来のあり方を、
よく考えてみる必要があると思います。

おそらく、このあたりの意識によっても、
集団的自衛権に対する考え方も、
大きく変わってくるでしょう。